森に入る際の服装(装備)について

冬:12〜3月


(日平均気温10〜12℃/最低気温7〜10℃・最高気温12〜15℃)
  1. 東京よりも概ね3〜5℃前後高いですが、フリースか薄手のダウンジャケット、薄手の手袋を用意しておくのが無難でしょう。また風は体感温度を下げますので、山では透湿性のあるレインジャケットやウインドブレーカーが役立ちます。

春:4〜5月/秋:10〜11月


(日平均気温15〜20℃/最低気温13〜19℃/最高気温16〜22℃)
  1. 日和によってはTシャツでも過ごせますが、森に入る際は長袖のシャツにウインドブレーカーが無難でしょう。晴れると日差しが強い季節でもあるので、帽子も役立ちます。

夏:6〜9月


(日平均気温20〜26℃/最低気温19〜24℃/最高気温23〜30℃)
  1. Tシャツで過ごせますが、日焼けを避けたい方はもちろん、ヤブ蚊に刺されることもあるので長袖・長ズボンをお勧めいたします。なお、アブやスズメバチは生息していません。

諸注意

※天気予報で雨の予報がなくても急なにわか雨が降ることがあります。山に入る際は、両手が使えるようセパレートのレインウエアを用意しましょう!

※森を歩いていると暑くなることがあります。無理をなさらずこまめに衣類を脱着し、疲労を最小限にし、また汗で体を冷やさないようにするのもコツです。歩いている時にガイドが伺いますので、その都度必要に応じて衣類調整をしましょう。

※靴はスニーカーなどの運動靴よりもトレッキングシューズもしくは登山靴がベストです。雨の日や雨上がりなどは道が滑りやすくなります。

※杖はあれば重宝しますが、愛用のものをご持参いただかなくとも竹杖を無料でお貸しいたします。